洗濯版Uber「Haundry」が東南アジアの洗濯をDX

2021/11/17
  • facebook

洗濯版Uber「Haundry」が東南アジアの洗濯をDX

平澤 拡

株式会社Haundry 

代表取締役

出身地
宮城県仙台市
現住所
東京都、フィリピン

キャリアサマリー

1989年生まれ。新卒で日本のITベンチャーに入社。社会人2年目にフィリピンへ渡航し、ネオキャリアのフィリピン法人立ち上げに関わる。国内で新規事業を立ち上げた後、フィンテック事業の責任者候補としてタイへ駐在。
2020年10月よりG’ s ACADEMY にてプログラミングをゼロから学び、洗濯宅配アプリ「Haundry」のプロトタイプを開発。翌年5月14日開催された同スクール主催のデモデーで優勝。現在はアカデミーで出会った仲間と共にランドリー業界のDX化に挑戦している。

1.現在のDX業務の内容

 わたし達は東南アジアのランドリー業界のDXに挑戦しています。その第一歩としてフィリピン市場向けに、スマホひとつで洗濯デリバリーの注文から決済までが出来るアプリ「Haundry」を開発しました。
 兄弟姉妹が多く、親戚が集まって住むことが一般的なフィリピンでは、1世帯あたりの家事の負担が大きい。土地柄、突発的な雨も多いため、現地では洗濯物をランドリーショップに出す文化が根づいています。一人暮らし用のワンルームマンションには、洗濯物を干すベランダがなかったり、洗濯機を置くには簡易的な工事が必要なケースも多い。しかし、前述したランドリーショップに行くのにも交通渋滞で時間がかかる。
 僕自身、現地の日系人材会社に長年勤めていたこともあり、日々の洗濯で困っていました。そんな経験から、今回のサービス開発に至りました。

2.サービス概要

 「Haundry」は東南アジア市場向けの洗濯宅配サービスです。アプリを使って希望する店舗やメニュー、配達日時を選ぶと指定の場所に洗濯物のピックアップに来てくれる。Uber Eatsの洗濯版と考えてもらうとイメージがしやすいかもしれません。
現在、ベータ版の開発に取り組んでおり、2022年1月を目処にリリース予定です。

3.サービスの強み

我々のサービスの強みは次の3点です。

①テクノロジーによる新しい洗濯体験
自宅にいながら、スマホひとつでオーダーから決済までを完結することが可能です。今まで洗濯に囚われていた時間を削減することで、時間を有効活用することができます。また、我々は消費者向けのアプリだけではなく、店舗側のオペレーションシステムを構築することで、シームレスでスピーディなサービスを実現します。

②日本クオリティを実現するオペレーション
掲載店舗には日本の大手洗濯代行サービスで経験を積んだスタッフが実際に趣き、クオリティチェック&研修を行います。また、より高品質なニーズに対応するため、自社工場の設置や徹底的にスマート化したランドリーショップのフランチャイズ化も予定しています。

③サブスクリプションによる安価で安定的なサービス供給
「毎週の火曜と木曜の20時」といったようにピックアップを固定でスケジューリングすることが可能です。サブスクリプション型の契約体型をとることで、都度のオーダーよりも安価にサービスを提供することが可能です。

4.達成感を得た体験

 まだ本リリース前なので、ユーザーに対してではないのですが、プログラミングスクールのデモデーで優勝できたことは大きかったです。プログラミング未経験の状態から始まり、想定ユーザーへのヒアリングやサービスのコンセプト設計から始めました。心強い仲間の助けもあり、結果は優勝。錚々たるスタートアップが輩出されている中、歴代でも3位という高い評価を得ることができました。
一方、新型コロナの情勢もあり、海外ビジネスとしてはタイミング的には恵まれませんでした。実は我々もデモデーが終了したらHaundryの開発は一時ストップする予定だったのです。しかし、この優勝がきっかけでオフィスを無償で提供して頂くスポンサーが付き、周りからも背中を押されたことで、開発を続ける意思が固まりました。

5.今後の展開・ビジョン

手始めは自分が課題をもっとも身近に感じたフィリピンから。次はベトナムやインドといった途上国、そして最終的には世界のどこにいても、日本流の高品質なサービスとテクノロジーによって「最高」の洗濯体験をお届けすることを目標としています。わたし達は1サービスではなく、産業を作り上げたい。
将来的には洗濯だけではなく、掃除や炊事といったほかの家事のアウトソーシングにも対応する予定です。家事のアウトソーシングが一般的なフィリピンでは、子沢山な家庭が多いにも関わらず女性の社会進出が非常に進んでいます。世界経済フォーラムが毎年実施しているジェンダーギャップ指数ではフィリピンは例年20位以内をキープ。アジアで一番女性の社会進出が進んでいると言われています。
我々は本サービスを通して世界中の家事のアウトソーシング化を一般化することで、女性の社会進出促進や共働き夫婦の家事負担削減に寄与していきたいと考えています。

※日本は例年120位前後

6.会社のリンク・SNSなど

Haundry公式ページ:https://haundry.ph/

代表Twitter:https://twitter.com/HirasawaH1

あわせて読みたい記事